葬式

通夜から告別式までのお葬式の流れについて

お葬式は、通夜、葬儀、告別式という流れで行われるのが一般的です。
最近では葬儀・告別式の日に初七日も一緒に行ってしまうケースもあります。
一番最初に行われるのが通夜です。
通夜は、もともとは家族だけで故人との別れを忍ぶ儀式でした。
しかし、今は一般の弔問客を受け入れて行うのが普通となっています。
通夜の終わりには「通夜振る舞い」という、弔問客が集まって食事を食べる儀式があります。
故人と親しかった人たちが集まり、生前の思い出話などをすることが、故人の供養になるとされているからです。
葬儀や告別式は、一般会葬者を招いて行う一般葬や、家族や友人達だけで行う家族葬や一日葬などがあります。
参列者が多い一般葬の場合は、大きなセレモニー会場を貸し切って行います。
家族葬や一日葬などの場合は、小さなホールで行うのが一般的です。
家族葬は一般葬を小規模にしたお葬式です。
経済的な負担が少なくできることから人気が高まっています。

由緒ある墓地

全優石認定店

静岡にあるお墓のショールーム

ライジングブルについて

ラスターレイクについて

について

葬式関連情報

近年の葬儀形式の多様化と自由化について

昔は葬儀と言えばほぼ1種類でした。
地域性はありますが、通夜があり葬儀・告別式があり、火葬して

以前とは違ってきている葬儀後のしきたり

人が亡くなり、お通夜、告別式とひとつずつ儀式を済ませていき、最終的には遺骨を荼毘に付さなくてはなりま

遺族を代表する大事な喪主の役割

お葬式は葬儀業者さんに任せれば専門スタッフが様々な手続きを代行し、セレモニーの進行もしてくれます。<

最新の葬式